全身脱毛の方法について

全身脱毛には、様々な方法があります。脱毛クリームを塗布したり、フラッシュ脱毛といって光を当てたりすることにより、脱毛することは可能です。こうした方法は、広範囲を短時間で処理できるので、脱毛サロンに行けば、多忙な人も気軽に施術してもらえます。脱毛クリームを塗る方法なら、家庭で自力でもできるでしょう。しかしながら、このようなメソッドでは、毛根を完全に機能停止させることができないため、ムダ毛が一時的に生えてこない効果があるものの、やがてムダ毛が再生することは避けられません。したがって、ムダ毛が再生してきたら、また施術を繰り返すことが必要です。これに対して、医療レーザー脱毛は、毛根を完全に機能停止させることができ、一度施術すれば、ムダ毛の再生を長期間抑えることができます。

改良が進む医療レーザー脱毛

医療脱毛は、医師や看護師といった医療従事者のいる医療クリニックでしか行うことが認められていません。したがって、万一皮膚に異常があれば、直ちに医療行為を施して治療してもらえるため、不安を感じることなく施術を任せられるでしょう。ただし、医療レーザー脱毛は、強いレーザー光線を皮膚に照射するので、痛みを伴うことがあります。これについては、事前に局部麻酔を施したり、照射中に冷却したりすることにより、痛みを軽減する工夫が凝らされており、痛みに弱い人も安心して照射を受けられます。

また、肌の色の黒い人や、日焼けした人にレーザー照射すると火傷のような症状を起こすこともありましたが、レーザー照射機器によっては、こうした弊害を生じないものも開発されているので、事前に主治医と相談すれば、適切な機器を使用して安全な処置を受けられるでしょう。